ブログ・アフィリエイト

アフィリエイトのその仕組みを徹底解説!

アフィリエイトと聞いて思い浮かべることとはなんでしょうか?

おそらくはあまり良いイメージはなくて「何をしてるかわからない」「怪しい」「人を騙してる」ような印象があると思います。

誤解を解きたいというわけではないですが、どういう仕組みで副業として成り立っているのか、詳しく解説していきます。

 

アフィリエイトとは対面しない営業!

例えば、自社のおすすめ商品を売りたい時、飛び込み営業か電話営業か、またはお得意先への営業になるかと思います。

私自身そういう営業の仕方はすごく苦手で、面と向かうと緊張して良いものも良いと言えなくなってしまう性格です。

 

アフィリエイトはネット上で不特定多数に営業をかけるものです。

例えていうなら対面営業は1対1でお客さんに向けてその商品のアピールをします。

片やネット上で行われるアフィリエイトは、街頭演説のように大衆に向かってスピーカーで商品のアピールを行うイメージです。

 

街頭演説では、興味のあるひとは立ち止まり聞いてくれ、興味のない人は素通りです。

アフィリエイトでも同じで、興味がない人には無理に売り込む必要はく、興味を示してくれている人にだけアピールしていくような形です。

 

アフィリエイトのやり方

では実際にどのような流れでアフィリエイトが行われるか、順を追って説明していきます。

 

ブログ、SNSなどのメディアを開設

アフィリエイトを行うには、まず自分だけのメディアを持つ必要があります。

一般的には日記形式のブログを立ち上げ、そこに広告を貼る方法がメジャーとなっています。(ブログアフィリエイトと呼びます。)

ブロガーと呼ばれる人たちは自分のブログに広告やおすすめ商品を紹介し、そこからの成果報酬で生計を立てています。

 

ブログをするにあたっては無料ブログと有料ブログの2種類がありますが、これはまた別の機会にご紹介します。

基本的にアフィリエイトなどの広告収入が得られるのは有料ブログです。

 

次に、アフィリエイトがメインで生計を立てている人たちをアフィリエイターと呼びます。

両者は広告からの成果報酬(広告収入)によって生計を立てていますが、アフィリエイターは日記形式ではなく、1つの商品に着目して、その商品を売るために記事を何個も書き上げるようなイメージです。

 

その他自分自身のSNSアカウントを利用して、その投稿内容に商品紹介を含めたりすることでもアフィリエイトを行うことができます。(TwitterアフィリエイトなどとSNSの種類により呼び方が変わります。)

ちなみにインスタグラマーとはインスタグラムに商品を紹介することで収入を得ている人のことを指します。

ブロガーやアフィリエイターとは違い、メーカーや企業からの依頼(案件)を受けて紹介することが多いのがインスタグラマーです。(インフルエンサーマーケティングと呼ばれたりもします。)

 

アフィリエイトで売れる(紹介できる)商品

営業スタイルはネット上でのアピールです。

そして、自分が売りたい商品はなんでもいいのです。

 

対面営業や会社の営業部門では自社のおすすめ商品、もしくは商社であれば自分たちが取り扱っている商品の中から選んで売り込んでいきます。

アフィリエイトでは、普段自分が飲んでいるお水やお風呂で使っているシャンプーのような小物・日用品から、家電・家具・車のパーツや、スマホアプリ・出会い系サイト・クレカ・ブランド品買取・旅行予約など、多種多様です。

 

例えば、旅行サイトで言えば有名な「じゃらん」「赤い風船」などもアフィリエイトプログラムが用意されています。

自分がおすすめした人が旅行予約をすると、自分にはその旅行代金の数%が報酬として支払われる仕組みです。

 

自分が誰かに紹介したい商品・サービスは必ずと言っていいほど人に紹介できるシステムがあります。

 

広告代理店(ASP)への登録

各商品(サービス)はASPと呼ばれるインターネット上の広告代理店が扱っています。

ASPは各メーカーとアフィリエイターを結ぶ役割を果たしています。

 

実はASPは何社もあり、それぞれに得意なジャンルがあります。

自分が売っていきたい商品に特化したASPにまずは登録していつでも使える状態にしておくことをおすすめします。

 

A8.netはもっともメジャーなASPで、取り扱っているアフィリエイト案件数も何千とあります。

A8.netの1番の魅力は自分のサイトを持っていなくても登録ができ、登録してすぐからアフィリエイトができる点です。(そのほかのASPでは、登録するときに自分のサイトを審査に通さなければ登録することができません。)

 

実は通販サイトで有名な楽天市場アマゾンもASPではないのですがアフィリエイトを行うことができます。

楽天市場やAmazonで取り扱っている商品は全てがアフィリエイト対象になっています。

 

特に楽天市場は楽天会員なら誰でもすぐに商品紹介ができる状態にあるので、アフィリエイトにちょっと興味あるという人には非常におすすめです!

Amazonのアフィリエイト(Amazonアソシエイトと呼びます。)は、事前に自分の持っているブログをAmazonに審査してもらう必要があり、審査がとても厳しいので、初心者の方にはハードルが高くなっています。

今回は楽天アフィリエイトを中心に取り上げていきたいと思います。

 

商品の見つけ方、リンクの使い方

自分が紹介したい商品を楽天市場内で商品検索し、商品のページを開きます。

友達にメールですすめる、シェアするというボタンがありますが、そこから商品リンク(アフィリエイトリンク)を共有をすることができます。

それを見た人がリンクをクリックして商品を買ってもらうと、その商品の値段の数%が報酬として楽天ポイントで支払われます。

通常のASPでは成果発生でそのまま銀行に振り込まれるのですが、楽天アフィリエイトの場合は一旦楽天ポイントとして支払われます。

報酬額は月3,000ポイントまでは楽天ポイントで支払われ、
3000ポイントを超えた分は電子マネーの楽天キャッシュで支払われます。
月間5,000ポイント以上の報酬が3ヶ月続くと楽天銀行を通して銀行口座に振り込まれます。

楽天アフィリエイトが他のASPに比べ劣るところは以下の2点でしょう。

  • 成果報酬がすぐに銀行に振り込まれない
  • 楽天キャッシュの現金化には手数料がかかる

 

料率、クッキーについて

商品が売れたときの金額に応じて支払われる報酬率のことは料率と呼びます。

楽天アフィリエイトでの基本料率は1%ですので、1,000円分の商品が売れれば楽天ポイント10ポイントが支払われます。(たまにキャンペーンなどで商品によっては料率が上がったりします。)

 

また、楽天アフィリエイトの場合は紹介した商品に限らず、同時に購入されたものも全てアフィリエイト成果の対象になります。

 

以下、料率1%と仮定した成果発生例です。

例1:
1万円の財布を紹介し、購入された場合
100円分の報酬が支払われます。

 

例2:
1万円の財布を紹介し、その財布と本4,000円分が同時に購入された場合
140円分の報酬が支払われます。

 

例3:
1万円の財布を紹介し、財布は買われなかったが、カートに入っていた洋服9千円分が購入された場合
90円分の報酬が支払われます。

 

例4:
1万円の財布を紹介し、その時はクリックされただけで、翌日に改めて購入された場合
100円分の報酬が支払われます。

・リンクをクリックされるとそのアフィリエイトは30日間は有効です。(クッキーと呼びます。)
30日以内であればいつ購入されても成果対象となります。

 

例5:
1万円の財布を紹介し、購入され、さらに数日後8000円分の買い物をされた場合
100円分の報酬が支払われます。

・前述した30日間のクッキーは1回の購入のみ有効で、その後の購入ではクッキーが残っていないので成果の発生にはなりません。

 

例6:
1万円の財布を紹介し、その財布は買われなかったが数日後に楽天トラベルで3万円の旅行を予約した場合
300円分の報酬が支払われます。

・楽天では楽天市場での買い物だけでなく、楽天トラベル楽天ブックス楽天Kobo(電子書籍)などの商品も成果対象となっています。

 

ではここで1つ質問です。

Q.1つの商品を買うまでに複数の人からの紹介を受けて、それぞれでリンクをクリックしていた場合、商品を購入するとアフィリエイト報酬はどうなるでしょうか?

A.最後にクリックされた商品リンクを紹介した人にのみ報酬が支払われます。
そして、それ以前に紹介した人のクッキーは消えます。

 

この場合全員が成果の発生にはなりますが、最後にリンクを踏んだ人だけが確定となり、その他の人は却下(成果の取り消し)になります。

 

成果の確認

リンクのクリックや報酬の発生具合は楽天アフィリエイトで確認することができます。

 

アフィリエイトのイメージが悪い理由

アフィリエイトの仕組みは理解できましたか?

ではなぜアフィリエイトのイメージが悪いのか?

どの営業にも言えることなんですが、無理な勧誘強引な押し売り自己都合の商品紹介、この辺りが毛嫌いされてしまう理由です。

 

特にMLMの勧誘ではよく悪目立ちしていますね。笑

そのほか、アフィリエイトから商品を購入すると「その友達に利用されている」だとか、「商品を売りたくて絡んで来てるのか?」とか色々勘ぐられてしまうのは事実です。

本当に相手(商品を紹介する友達、ブログを読みに来てくれる読者)のことを考えてやっていたとしても、そう思われてしまうこともあります。

 

アフィリエイトが怪しいとか言われてしまう原因はこちらにまとめてありますので、よろしければチェックしてみてください。

アフィリエイトがなぜ怪しいと言われてしまうのか?有名な副業の1つにアフィリエイトがありますが、世間のイメージはあまりよくありません。 自分がアフィリエイトをやり始めたなんてことを...

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が参考になりましたら、記事のシェア、ブックマーク・お気に入り・ホーム画面に追加、Twitterのフォローをしていただけると嬉しいです。

参考にさせていただいたサイト

他にも記事はいっぱいあるので、ゆっくりしていってね!!

ABOUT ME
まさ
まさ
正社員として働きながら副業に挑戦し、節約や節税に関する情報も集めています。 このブログでは、私と同じように副業や節約に取り組む人の手助けになれるように、持てる知識を余すことなく発信していきます。 何かありましたら、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。