節税・節約

キャッシュレスの始めるには?使い過ぎないための注意点!

こんにちは!まさ(@aff_blog_com)です!

 

最近、〇〇ペイという電子決済が乱立していますが、みなさまついて行けてますでしょうか?

この流れを機にキャッシュレス決済というものがより一層注目されるようになったような気がします。

一口にキャッシュレス決済と言っても色々な種類があり、それらをどのように使って行けば良いのか迷ってしまうかもしれませんので、今回はその注意点だけお伝えしていこうと思います。

 

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは文字通り現金を使わない支払いのことになります。

クレジットカード払い・デビットカード払い・電子マネー決済・ポイント払いなどがあります。

 

クレジットカード払い

クレジットカード払いではレジで清算する際にクレジットカード会社を仲介します。

自分の買い物の決済を全てカード会社に代わりに行ってもらい、カード会社に支払ってもらった金額を月末に一括で請求されるという仕組みです。

 

クレジットカードの審査について

クレジットカードを申し込むときにはカード会社による審査がありますが、これはカードを利用する本人に支払い能力があるのかどうかを見られています。

カード会社が代理で先に負担するわけですから、カード利用者に支払い能力がなければカード会社は破綻してしまいかねません。

 

デビットカード

クレジットカードが使えるレジだと大体使うことができます。

細かく言うとカードブランド(VISA、masterなど)によって一部使えない場合もあります。

 

デビットカードはレジで清算するときに、銀行口座の口座残高から直接引き落とされる仕組みです。

口座内に残高がなければ利用することはできません。

 

クレジットカードは後日一括請求
デビットカードは即時引き落とし

 

この違いを押さえておきましょう。

 

電子マネー

電子マネーはカードやスマホアプリ内に事前にお金を入金(チャージ)し、必要に応じてその中から決済をすると言うものです。

事前に入金しておく必要があるので、仕組的にはデビットカードに近いですね!

  • Suika
  • ICOCA
  • Edy
  • paypay
  • LINEpayなど

ここでご紹介したのはほんの一部で電子マネー決済は種類がかなりあります。

 

ポイント払い

支払い毎に貯められるポイントのことで、このお買い物ポイントは同店や系列、グループ店などで使えるものが多いです。

このお買い物ポイントを使って支払いをする場合も現金は使わないのでキャッシュレス決済となります。

 

キャッシュレス決済の注意点

キャッシュレス決済のメリット

  • レジでの生産がスムーズ
  • 現金が最低限になるので財布が軽くなる
  • 支払い方法によってポイントがついてくる

辺りですね。

 

特にクレジットカードなんかを使うと支払額の割合に応じてお買い物ポイントを貯めることができるので節約効果が期待されます。

楽天カードなんかはポイント還元率も高くて非常に有名ですね!

 

ですが、相応のデメリットもあり、慣れていないとすぐに使い過ぎてしまう傾向にあります。

 

現金払いだと、財布から直にお金を取り出して支払うので、毎回ちょっとした苦痛が伴いますよね?

その苦痛が使い過ぎを抑止するのですが、キャッシュレス決済だと、手元から現金がなくなる感覚がない(苦痛が伴わない)ため、金銭感覚がマヒしてしまうのです。

 

デビットカードなら口座からの引き落としだから、必要額だけ入金しておけば使い過ぎにならないのでは?」と思われるかもしれませんが、ここで一番大事なのは、“自分の財布から現金が出て行く苦痛”です.。

デビットカードを使っても入金額以上は使えないので、確かに抑止効果はあるかもしれませんが、支払い時には現金ほどの痛みは伴いませんので、結局後から口座に追加預け入れをすることに繋がってしまいます。

 

私自身もクレジットカードを使っていますが、この使い過ぎの罠にはまってしまいました。

そして、

  • 自分が何に一番お金を使っているのか?

を聞かれたときにすぐに明確な答えを出すことができなかったんですよね。

 

そこで私は次のような対策をとりました。

 

使い過ぎないための対策

まず有効とされるのは家計簿です。

私は今まで家計簿をつけたことがありませんでした。

理由は簡単で、「全てクレジットカード払いにしているから、自分がいつ何にお金を使ってたのか、後から容易に確認できるため」でした。

これはこれで合っているのですが、精々見返しても月に一回の請求の時ぐらいです。

 

それでは確認のうちに入らないと思った私は家計簿を付けて、お金を使えば(カード決済、現金払い等)その日のうちに全てエクセルのシートに記入するようにしました。

さらに前月の収入や、その月のおおよその固定費、貯金額なども全て記入し、差し引き合計額が一目でわかるように作成しました。

 

また項目ごとにも合計金額を表示できるようにしたので、自分が何にお金をより多く使っているのかなどがわかりやすくなりました。

ちなみに私の場合は車の有料駐車場代(コインパーキング)でした・・・笑

 

これは私にとっては意外すぎました。

まだ赤字のままですが、とりあえず駐車場代を節約しようと、今は電車や自転車を積極的に利用し始めているところです。

 

つまり私の場合は家計簿をつけることによって、今まで見えてなかった駐車場代へ意識が向くようになり節約ポイントを一つ見つけるに至ったということになります。

 

ちなみに、お金持ちなど事業主や裕福な方の金銭感覚ほどお金よりも時間を大事にしているという意識があります。

私のこの節約ですと、車の方が移動時間が早かったりするので、逆行になるのでは?と思われるかもしれませんが、それはまた別の機会に考えをまとめますので、もう少しお待ちいただければと思います。

 

まとめ

キャッシュレス決済は便利ですし、上手く使えば節約効果も非常に高いです。

ただ、いい部分ばかりではないので、今回の感想を読んでもらって是非ダメな部分にも目を向けてもらえたらと思います。

 

キャッシュレス決済に挑戦してみようと思っている方は、まずは現状の現金払いで家計簿をつけることから始めてみてはいかがでしょうか?

そうすることで、万が一使いすぎてしまっても、現状の現金払いと比べてどこに使いすぎているのかという指標になります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

他にも記事はいっぱいあるので、ゆっくりしていってね!!

ABOUT ME
まさ
まさ
正社員として働きながら副業に挑戦し、節約や節税に関する情報も集めています。 このブログでは、私と同じように副業や節約に取り組む人の手助けになれるように、持てる知識を余すことなく発信していきます。 何かありましたら、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。