節税・節約

誰でも出来るようになる!お買い物ポイントの賢い貯め方!

普段、買い物をする時にお買い物ポイントは意識されてますか?

お買い物ポイントを賢く貯めて上手に使うことが節約に繋がります。

 

お買い物ポイントとは

そもそも、お買い物ポイントとは?

お会計の時に、お店が発行している会員カード・ポイントカードなどを提示することで、お店の利用金額に応じて貯めることが出来るポイントの事を言います。

また、貯めたポイント数に応じて特典が貰えるのも特徴です。

要は買い物をしたらした分だけ、何らかの形で還元されるということですね!

 

しかし、このお店はこのカードで・・・
ここはこのカード、、、あそこはあのカード
、、、って、これではキリが無くなります笑

 

そこで今回は1番わかりやすく、スタンダードなやり方をご紹介します

 

オリコポイント

お買い物ポイント界ではかなり有名なポイントです。

 

これはクレジットカードですが、このカードを使って買い物をしたら100円に付き1ポイントが付与され、貯まったポイントは1ポイント1円として、各種金券や他のポイントに換金することができます!

交換先も色々あって上記以外に、後で説明する楽天ポイントTポイントにも交換することができるようになっています

Orico Card The Point公式サイト

 

楽天(スーパー)ポイント

こちらは楽天グルーブが提携している事業や、実店舗でお買い物などをすることで貯まるポイントです。

見出しを括弧書きにしたのは、楽天ポイントとか楽天スーパーポイントとか、その時その場所によって呼び方が違うだけで、どちらも同じものです。

 

楽天ポイントは提携しているお店や楽天グループのサービスに1ポイント1円として使うことができます。

格安SIM(格安携帯、MVNO)の楽天モバイルでは、携帯料金の支払いにこのポイントが使えたりします。

(楽天モバイルを契約する事でポイントが+1倍になります。)

 

また、こちらの楽天カードもクレジットカード付帯のものがあり、例えば提携店でカードを利用したら楽天カード100円で1ポイント+カードの引き落とし時に100円につき1ポイント加算されたりします。

Tポイント

元々はTSUTAYAを利用した時に貯まるポイントだったのですが、今では提携店舗がかなり増えています。

実店舗で身近なものだとエネオスやファミリーマート、オンライン店舗ではヤフーショッピングでポイントを貯めたり、利用することが出来るようになっています。

 

そして、このポイントは他にはない特徴があります。

その特徴とは、貯まったポイントを現金に変えることができるということです!

ジャパンネット銀行を利用すると、1,000ポイントにつき850円と、少しレートは落ちてしまいますが、充分だと思います。

ジャパンネット銀行公式

 

おわりに

自分が月々何にお金を使ってるのかがカードの利用明細を見るだけでわかるようになるので、これだけでも節約の第一歩になります。

というわけで、今までポイントなんて気にされてなかった方にはまずはオリコカードをおすすめします。

使い勝手がすごくいいのでそこからお買い物ポイントに慣れていきましょう!!

 

まず、オリコカードの還元率は1%ですごくバランスが取れていて、且つ還元率はいい方です。

(還元率とは額に対していくら戻ってくるかという意味でこの場合100円につき1ポイント(=1円)なので1%です)

この還元率1%というのは今後ポイントを貯めたり、カードを作ったりする上でとても大事な基準になるのでぜひ覚えておきましょう!

 

例えば月々の買い物に10万円かかっていたとして、それらをすべてオリコカード払いにしただけで毎月1,000ポイントが貯まります。

このポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコードに変えてもいいですし、他の楽天ポイントやTポイントなど、ご自身の都合のいいポイントに変換することもできます。

 

オリコカードは還元率の良さ、ポイントの交換先の豊富さがウリとなっているので、是非有効に活用していきましょう!

気になる方はチェックしてみてください!

Orico Card The Point公式サイト

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
まさ
まさ
正社員として働きながら副業に挑戦し、節約や節税に関する情報も集めています。 このブログでは、私と同じように副業や節約に取り組む人の手助けになれるように、持てる知識を余すことなく発信していきます。 何かありましたら、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。