節税・節約

iPhoneでも電車賃を支払える!意外と使われていない電車賃の節約術について

おはようございます!まさ(@aff_blog_com)です!

 

私は駅の改札を通る時にはiPhoneをかざして通っています。

iPhone(iPhone6以降)に内蔵されているApple Payというものを利用することになるのですが、

電車賃がカード払いにもなりますし、チャージもスマホ上でできてかなり便利に感じているので、今回はそのやり方をご紹介していきます!

 

Apple PayのSuicaを利用する

iPhone6以降の端末にはApple Payという電子決済システムが搭載されています。

これはレジなどにある電子決済端末にスマホをかざすことで、スマホ内に登録している電子マネーから決済されるというものです。

 

Apple Payにクレジットカードを登録しておくことで、Apple Payに対応している決済を全てクレジットカード支払いに代えることができます。

 

今回ご紹介する電車賃などの交通系ICカードもまさにその1つで、交通費をクレジットカードで支払うことで、交通費ですらもお買い物ポイントをもらっちゃおうという主旨です。

 

Apple Payの使い方

iPhoneにはWallet(ウォレット)というアプリがあり、そこに登録されているクレジットカード、電子マネー、ICカードをApple Payの決済(電車賃なら改札を通る時)に利用することができます。

初期段階ではカード情報は何も入っていないので、ご自身が所持しているSuica、もしくはSuicaを持っていなければ専用アプリからApple Pay用のSuicaを発行する必要があります。

Suicaはこれまで関東エリアの交通系ICカードでしたが、今では全国相互利用ができるようになっています。

カードを発行するのはこれまで通り関東エリアに限られますが、今回ご紹介するのはスマホアプリのSuicaですので、全国誰でも利用することができます。

 

Suicaの設定1-1.Suicaカードを持っている場合

Apple Payを利用するにはウォレットにSuicaカードを登録する必要があります。

Suicaカードを持っている場合はウォレットからSuicaカードを直接登録することができます。

 

Suicaの設定1-2.Suicaカードを持っていない場合

iPhoneのSuica専用アプリというものがあります。

Suica

Suica

East Japan Railway Company無料posted withアプリーチ

 

このアプリ内からウォレット(Apple Pay)用のSuicaを発行することができ、ウォレットに登録することができます。

 

Suicaの設定3.チャージ方法

Suicaへのチャージは先ほどダウンロードした専用のSuicaアプリもしくはiPhoneに元々入っているウォレットのどちらからでも可能です。

通信環境さえあればその場ですぐに登録しているクレジットカードから入金を行うことができます。

 

Suicaの設定4.利用方法

Suicaにここまで設定できれば、あとは改札機にiPhoneの電源を入れた状態でタッチするだけです。

改札機にタッチする前にFace IDやTouch IDを済ませておくとか、アプリを立ち上げておくとかの操作は必要ありません。

LINEやTwitterの画面を開いたままでもタッチをするだけで通過できます。笑

 

特に気にすることでもありませんが、どうしても開くか心配な方はApple PayのICチップは携帯本体の上部付近に内蔵されているので、その辺りを意識してタッチしてみるといいかもしれませんね!

 

Apple PayのSuicaを利用する上で気をつけること

利用上、いくつか気をつけておくべきポイントがあります。

 

スマホケースについて

スマホケースに他のICカード(ICOCAやSuica、taspoなど)が入っていたりすると干渉してしまう恐れがあるので、改札で正確に動作してくれないことがあります。

ケースにICカードを入れていないかチェックしておきましょう。

 

残高について

まず、残高が足りているか事前にチェックしておきましょう!

クレジットカードでいつでも入金できるとはいえ、次項で説明する入金できない状況が訪れることもあります。

 

残高には余裕を持って改札に入場しましょう!

 

入金できないパターン1.電波が入らない時

例えば地下鉄なんかは電波が入りづらい状況にあると思います。

改札が地上にあればいいのですが、地下にある場合だと電波が入っていない状況も考えておく必要があるので要注意です。

 

一時期ソフトバンク系の通信回線で大規模な障害がありましたが、その時でも改札を出られない人が続出しました。

 

電波が入らない時の対処法1.地下でも拾える公共Wi-Fiを利用する

地下鉄では無料の公共Wi-Fiを飛ばしていることもあるのでそれを利用しましょう!

 

電波が入らない時の対処法2.コンビニの無料Wi-Fiを利用する

地下鉄ホーム内にコンビニやカフェがあるところもあるので、そのお店のWi-Fiを使わせてもらうこともできます。

 

電波が入らない時の対処法3.駅員さんに相談する

あとはこれしかないですね。

適切に対処してもらうしかありません。

 

入金できないパターン2.充電が切れる

携帯電話の充電が切れてしまうと入金はおろか、改札の入退場もできなくなってしまいます。

財布も持っていなければかなりの非常事態になってしまいますので、必ず充電残量残高には余裕を持たせておきましょう!

私の場合は外出時に必ず下記のようなモバイルバッテリーを携帯しているので、充電切れはあまり心配していません。笑

 

充電が切れてしまった時の対処法1.コンビニで電池式充電器を買う

電池式の充電器は非常にコスパが悪いので、できれば購入したくはないところですが、非常事態にはそうも言ってられませんね。

 

充電が切れてしまった時の対処法2.充電する

普段から充電器もしくはモバイルバッテリーを持ち歩いていれば、例えば駅構内のコンビニやカフェなどで充電ができるかもしれませんので探してみてください。

 

充電が切れてしまった時の対処法3.駅員さんに相談する

やはりこれしかありませんね笑

私自身は駅員さんにお世話になったことがないのでわかりませんが、おそらくこういうお客さんは多いと思うので対処していただけると思います。

 

駅員さんのお世話になりたくない方は、安くてもいいので先ほどのようなモバイルバッテリーを携帯しておくことをおすすめします。笑

 

おわりに

電車賃をクレジットカードで決済するメリットは、クレジットカードのお買い物ポイントが貯まり、結果的に節約にもなることです。

また、実物の交通系ICカードと違い券売機でチャージをするような手間もなく、チャージは全てスマホ上でできるという部分も大きいです。

 

残高がないのに電波が入らなくなったり、途中で充電が切れてしまうと改札を出られなくなってしまうデメリットはありますが、改札入場前に確認しておけばいい話ですし、それ以上にメリットの方が大きいと感じています。

 

iPhone6以降の端末ならApple Payは標準搭載なので、まだ利用していない方は勿体無いので早めに設定しておきましょう!

できることなら移動中に充電切れを起こさない為にもモバイルバッテリーも常に持ち歩いておくことも強くオススメします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が参考になりましたら、記事のシェア、ブックマーク・お気に入り・ホーム画面に追加、Twitterのフォローをしていただけると嬉しいです。

参考にさせていただいたサイト(敬称略)

他にも記事はいっぱいあるので、ゆっくりしていってね!!

ABOUT ME
まさ
まさ
正社員として働きながら副業に挑戦し、節約や節税に関する情報も集めています。 このブログでは、私と同じように副業や節約に取り組む人の手助けになれるように、持てる知識を余すことなく発信していきます。 何かありましたら、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。