節税・節約

ソフトバンクの新プラン、ウルトラギガモンスター+は本当にお得なのか?公式サイトを見た後に読んでほしい

ソフトバンク公式サイトをまだ見ていない方はこちら

 

私は今格安SIMモバイルルーターを組み合わせて利用していて、毎月の高速データ通信容量は無制限で月々の支払いが6,082円なのです。

しかし、今回ソフトバンクから登場したウルトラギガモンスター+は、なんと月の高速データ通信量が50GBもありながら、YouTubeAbemaTV、その他主要なSNSで通信料がカウントされず、月々の支払いは3,480円からというではありませんか!

 

これが本当なら、毎月50GB未満の通信量の私にとってはかなり朗報で、今よりもさらに安くなるということです。

 

しかし、こういう携帯会社のプランというのはどこかに安くなるためのからくりが施されているので、実際に調べてみました!

是非参考にしていってください。

 

ウルトラギガモンスター+とは

ソフトバンクがリリースした新プランで、対象の動画やSNSでの高速データ通信量がカウントフリー(通信量無制限)になるというものです。

カウントフリーでありながら、さらに月50GBまでの通信容量も兼ね備えていて、毎月の支払い額が3,480円からになるというプランです。

 

最安値でお得に契約するための条件

ウルトラギガモンスター+を月々3,480円で利用しようと思うと様々な条件があります。

それらを全てクリアすることで3,480円という金額になりますので、条件を1つ1つ解説していきます。

 

以下の解説各項目はその他の条件をクリアしていることを想定して金額をご紹介しています。

 

対応機種

プランの申し込みにはまず対応機種があるので、これらのスマートフォンを持っているか新規で購入する必要があります。

 

契約は2年縛り

2年縛りは必須みたいになっていますね(笑)

この2年縛りは外すこともできるのですが、その場合だと月額+2,700円となります。

 

ですので、月額3,480円だったとしても2年縛りを外すなら月額6,180円となります。

今まで2年縛りをずっと続けて来られた方にとっては特に気にすることはありませんが、格安SIMなどで縛りなしで利用して来られた方にとっては少し気になる部分ではありますね。

 

最安値にするなら、まずは2年縛りが条件ということですね。

 

1年おトク割

これは契約の1年目のみが3,480円になるというものです。

つまり1年目と2年目以降では料金が変化し、2年縛りの場合の2年目は月額+1,000円となりますので、1年目に3,480円を支払っていた場合は2年目は4,480円となります。

2年縛りで契約し2年間を平均すると月額3,980円の支払いになるということですね。

 

また前述した2年縛りを外して契約していた場合、1年目は月額6,140円ですが、2年目以降は月額7,140円になります。

 

最安値は1年目のみ2年目以降は+1,000円必要になります。

 

ネットとセット

Softbank 光をセットで申し込む、またはすでに契約している場合に月額3,480円が適応されます。

しかし、Softbank 光を契約する(している)場合、ソフトバンクが指定する月額+500円のオプションサービスを追加で申し込まないといけません。

つまり、携帯代は月額3,480円ですが、ネットの方で月額+500円多めに支払う必要があるので、実質の支払額は3,980円となります。(ネットの契約も必須なので別途ネット代もかかります。)

 

また、Softbank 光でなくともyahoo! BB バリュープラン、ホワイトBBの契約ならオプションの月額500円は不要で月額3,480円にすることができます。

しかし、Yahoo! BB バリュープラン、ホワイトBBどちらも割引されるのは2年目までなので3年目以降は月額+1,000円となります。

 

Softbank 光なら毎月500円の追加オプションを支払う必要がありますが、3年目以降も1,000円の割引きが継続されるということですね。

 

種類別の料金シミュレーション

ネット回線とその契約期間によって支払額が変動するので、少し詳しく見ていきましょう。

 

2年間だけ契約する場合

2年間だけの契約ならYahoo! BB バリュープラン、ホワイトBBのどちらかを契約する方がお得になります。

料金的には最初の2年は月額3,480円なのに対して、SoftBank 光の場合は月500円が追加オプションで必要なので、SoftBank 光の場合だと年間にすると月額500円×24ヶ月(2年)で12,000円余分に必要ということになります。

 

このことから2年間だけの契約の場合はYahoo! BB バリュープランもしくはホワイトBBを契約した方がお得になるということです。

 

4年間契約する場合

4年間の契約の場合はトータルの金額はどちらも同じになりますので料金的にはどちらを選んでも大丈夫です。

 

料金的にはYahoo! BB バリュープラン、ホワイトBBは3年目以降の割引はありませんので月額+1,000円×24ヶ月(2年)で24,000円の支払いが発生します。

SoftBank 光の場合だと3年目以降の支払いも変わらず月額500円のみなので、×24ヶ月(2年)で12,000円の支払いが必要になります。

 

つまり1年目からトータルするとYahoo! BB バリュープラン、ホワイトBBの場合だと4年目までは24,000円が必要になり、SoftBank 光の場合も1年目,2年目が12,000円、3年目,4年目も12,000円必要なので4年間で24,000円となりYahoo! BB バリュープラン、ホワイトBBの場合と同じになるということです。

 

5年目以降も契約する場合

5年目以降も契約することを考えている場合だとSoftbank 光の方がお得になります。

 

料金的には、Yahoo! BB バリュープラン、ホワイトBBだと3年目以降なので割引もなく、月額+1,000円×24ヶ月(2年)で24,000円。

Softbank 光の場合は月額500円が継続されるので×24ヶ月(2年)で12,000円の支払いが必要です。

 

4年目までの契約だとトータルの金額はどちらも同じですが、5年目以降はこの時点でトータル的にSoftbank 光の方が安くなるという計算です。

 

ネットとセットで契約する上での注意

以上のことからネットとセットで契約する場合は想定している契約期間によって選ぶようにしましょう!

またYahoo! BB バリュープラン、ホワイトBB、Softbank 光それぞれの料金体系や回線速度など違いがあると思うのでこの中でも優劣がありますし、そもそもわざわざネットまで合わせて契約する必要があるのかどうか、その辺りも考慮してじっくり選ぶ必要があります。

 

みんな家族割+

月額3,480円にするには家族4人で契約をする必要があります。

自分+家族3人ということですね。

 

もし仮に

  • 自分一人の契約だと、この割引は適用されなくなるので月額5,480円
  • 自分+家族一人だと500円の割引が適用され月額4,980円
  • 自分+家族二人だと1,500円の割引が適用され月額3,980円
  • 自分+家族三人だと2,000円の割引が適用され月額3,480円

 

この家族というのは遠方に居る方場合でも対象になります。

また、家族でなくてもルームシェアなどの同居人でも対象になるのでハードルは低いのかもしれないですね。

 

しかし、対象は広いとはいえ一緒に契約するかとなるとまた別の問題ですので、自分のほかに家族3人も一緒に契約で月額3,480円という条件を達成するのはなかなか難しいかもしれませんね。

 

通話料定額ではない

定額サービスは有料オプションですので、このウルトラギガモンスター+の月額3,480円には通話料定額は付いていません。

ですのでオプションを付けていないと20円/30秒(30秒ごとに20円)かかってきます。

30分の通話だけでも1,200円がかかるということです。

 

通話料定額オプション

無料通話しか使わない場合は定額オプションは不要だと思いますが、携帯本体の通話をガッツリ利用している場合には次のどちらかの通話定額オプションを利用することをオススメします。

 

準定額オプション

月額500円を追加で支払うことで5分以内の通話なら無料になるというオプションです。

格安SIMの契約プランでもよくあるようなオプションですね。

 

つまりこのオプションを利用すると、月の支払額は月額3,480円+定額オプション500円で月額3,980円になります。

 

私の場合は格安SIMなのですが、友達や知り合いとの通話はLINE通話のみなので定額通話は付けていません。

しかし、例えばどこかの企業(飲食店やカード会社、保険会社、カーディーラーなど)に電話をかけたい時にはフリーダイヤルが用意されていることが少ないので、その時には通常料金の通話料を支払っています。

そして仮にフリーダイヤルが用意されていたとしても、携帯電話(スマホ)からの発信は受け付けていないことが多いのでフリーダイヤルの有無はあまり関係ありません。

 

定額オプション

月額1,500円を追加で支払うことで国内通話が基本無料になるオプションです。

このオプションを利用すると月額3,480円+定額オプション1,500円で月額4,980円になります。

 

無料通話以外に携帯本体の通話を1回5分以上頻繁に利用する人にとっては、このオプションの加入は必須ですね。

 

月額3,480円の条件まとめ

  • 2年縛り契約で最初の1年のみ、2年目以降は月額4,480円
  • ネットとセットで申し込みが必要。ただし別途ネット代の支払いが必要なのと、Softbank 光を利用する場合追加オプション月額500円が必要になる。
  • 自分+家族3人の加入が必要。自分1人だけだと月額5,480円
  • 定額通話は付いていないので必要に応じて準定額オプション(5分までかけ放題)月額500円もしくは定額オプション(かけ放題)月額1,500円を支払う必要がある。

以上の条件から、月額3,480円を達成するにはかなりハードルが高いと思いました。

 

格安SIMとモバイルルーターの組み合わせとの比較

私の場合は今は格安SIMとモバイルルーターを組み合わせて利用しているので、それと比較してみました。

 

ウルトラギガモンスター+の料金シミュレーション

私が今Softbankでウルトラギガモンスター+を契約するとしたら下記のような月額料金になるかと思います。

 

2年縛り

まず2年縛りは特に問題を感じないのでわざわざ月額+2,700円を支払ってまで外す必要はないかと思います。

なので、1年目は月額3480円、2年目は月額4,480円なので平均すると月額3,980円ということになります。

 

ネットとセット

現在支払っているインターネット料金は4,900円なのですが、Softbank 光を申し込む場合月額5,200円+オプションサービス500円-お家割セット1,000円なので、ネットの支払いは月額4700円となり、現在の4900円よりも200円安くなります。

しかし、新たに回線を引くための工事費24,000円や現在の回線の違約金が発生するので、乗り換えは損をする可能性が高いと考えるので、ネットの申し込みは行いません。

 

したがってここまでの月額料金は前述の月額3,980円ネットの申し込みをしないので月額+1,000円月額4,980円となります。

 

みんな家族割+

申し込みは自分1人になるので最大割引2,000円は適用されず前述の月額4,980円+2,000円となるので月額6,980円となります。

 

自分+家族1人なら500円の割引が適用されるので月額6,480円となりますが、家族は最近契約を更新したばかりなのと、自分の月額500円ために家族が違約金を支払わないといけなくなるのでこの選択肢も無くなります。

 

通話料定額オプション

携帯本体の通話はほとんど利用せず無料通話ばかりなので、現在通話料の定額オプションは付けていません。

ウルトラギガモンスター+に切り替えたとしてもつけるつもりはありませんので、月額6980円のままです。

 

その代わり、今契約している楽天モバイルはSoftbankの通話料の半額(30秒ごとに10円)で通話ができる楽天でんわがあるので、仮にSoftbankで携帯本体で通話を行う場面では通話料が現在の2倍になります。

 

現在の料金シミュレーション

  • 楽天モバイル
  • UQ WiMAX

この2つを組み合わせて利用しています。

 

楽天モバイルの基本料金(組み合わせプラン)

  • 通話料定額サービスなし(無料オプションの楽天でんわ)
  • 高速データ通信量は月0.3GBまで
  • 契約期間の縛り無し

これで月額基本料金は1,350円とあとは楽天でんわを利用した分が加算され、月2,000円も支払っていません。

 

UQ WiMAX基本料金

  • 高速データ通信量無制限
  • 3年縛り

これで月額4,700円固定されています。

 

現在の料金

以上2つを合わせると

  • 通話料は10円/30秒(Softbankの通常通話料の半額)
  • 高速データ通信量はWiMAXありきなので無制限
  • 楽天モバイルは縛り無し、WiMAXは3年契約

 

合計して毎月支払っている額は6,000円〜6,500円ぐらいの間を行き来しています。

 

ウルトラギガモンスター+と現在の料金を比較

  • ウルトラギガモンスター+を契約するとしたら月額6,980円
  • 現在は月額6,000円〜6,500円ぐらい

また乗り換えるならWiMAXの違約金を払わなければならないことなどから、今回は見送ることにしました。

 

おわりに

公式ページには月額3,480円〜と、これまでよりも圧倒的に安い金額が示されていますが、やはり思った通り条件がかなりありましたね。

 

一見するとかなり安いので飛びついて調べてみたわけですが、自分の場合だとおそらく月額6,980円なので、お得感は感じられませんでした。

 

私はやはり今後もしばらくは格安SIMとモバイルルーターの組み合わせを継続することになるかなと、今回調べてみて思いました。

 

みなさまもこれを機に携帯料金を見直されることを強くお勧めいたします。

 

本日の関連記事はこちら

・私自身が契約している格安SIMとUQ WiMAXの詳細です。

楽天モバイルの特徴とさらに安くなる方法をご紹介!楽天ユーザー必見!格安SIMっていっぱいありすぎて一体どの業者がお得になるのか迷いますよね? そのうちの1つに楽天モバイルがあるわけですが、この記事...

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が参考になりましたら、是非記事のシェア、ブックマーク・お気に入り・ホーム画面に追加、Twitterのフォローをしていただけると嬉しいです。

 

参考にさせていただいたサイト(敬称略)

他にも記事はいっぱいあるので、ゆっくりしていってね!!

ABOUT ME
まさ
まさ
正社員として働きながら副業に挑戦し、節約や節税に関する情報も集めています。 このブログでは、私と同じように副業や節約に取り組む人の手助けになれるように、持てる知識を余すことなく発信していきます。 何かありましたら、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。